橋本聖子氏を組織委新会長に選出

2021年02月18日(木) 17:25 0 2

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、理事会などを開き、女性蔑視発言で会長を辞任した森喜朗氏(83)の後任に橋本聖子氏(56)を選出した。新型コロナウイルス対策など難題が山積する5カ月後の五輪に向け、夏季、冬季合わせて五輪に7度出場し、スポーツと政治の経験豊富な女性リーダーに重責が託される。

 組織委が設置した「候補者検討委員会」(委員長・御手洗冨士夫名誉会長)で、国際的知名度や組織運営能力など5項目の観点から選考し、就任を要請。橋本氏の受諾を受け、18日の組織委理事会、評議員会で就任が決まった。

オリンピック種目に馬術競技がありますし、父親の橋本善吉氏はマルゼンスキーのオーナーでもあります。

みんなのコメント

現在のコメント数0

みんなの投稿ニュース

ランキング