武豊 スノーフォール「誇らしい気持ち」

2021年06月11日(金) 07:18 0 5

 先週末の英国オークス。フランキー(デットーリ)が騎乗したスノーフォールという馬が16馬身という大きな差をつける大楽勝を演じました。この着差は、243年という歴史がある英国オークスの最大着差だそうで、テレビで見ていたボクも興奮してしまいました。

 というのも、このスノーフォールの父はディープインパクト。繁殖牝馬はアイルランドの馬ですが、ディープの血を求めてわざわざ日本までやってきて、ノーザンファームで生まれたのちに向こうに帰った馬だと聞けば、驚きにも親近感が混じります。ディープインパクトはボクにとっても親しい大切な仲間でしたから、改めてすごかったんだなあと誇らしい気持ちにもなりました。この走りで、今年の凱旋門賞の1番人気に急上昇したそうです。

 フランキーがどんなコメントをするのかも注目でしたが、「熱いナイフでバターを切る感覚」と、なかなか聞けない表現が出ました。すぐに理解することができたのもうれしいこと。ディープインパクトの乗り味を共有できる人がフランキーだったということですから。

みんなのコメント

現在のコメント数0

みんなの投稿ニュース

ランキング