落札額1200万超 ノーザンオークション

2021年10月13日(水) 21:47 0 0

 苫小牧市美沢のノーザンホースパークは12日、9月にオンライン開催したチャリティーオークションの落札総額が、過去最高の1248万5825円で確定したと発表した。

 目玉だった中央競馬の芝G1最多9勝馬アーモンドアイが海外G1ドバイターフ優勝時に装着していた蹄鉄の額装品は、856万1521円だった。

 同社は2014年からチャリティーオークションを現地で開いているが、20年はコロナ禍で中止したため、今年は初のオンライン形式で行った。

 9月14〜20日に「ヤフオク!」でG1馬の装着品、人気騎手の愛用品など17点を出し、入札総数は1632件。コロナ前の19年(17点で150万円超)と比べて約8倍の売り上げとなった。収益全額を引退競走馬の「セカンドキャリア」を支援するオールド・フレンズ・ジャパンに寄付する。

 アーモンドアイの蹄鉄を出品したシルクレーシングの米本昌史代表は「驚きとともに感謝の思いでいっぱい。競走馬と共に歩む者として、引退競走馬の支援に少しでも役に立てれば」、同馬主戦のクリストフ・ルメール騎手は「すべての馬も同じように尊敬され、注目されることを願います」とそれぞれ同パークを通してコメントを出した。

みんなのコメント

現在のコメント数0

みんなの投稿ニュース

ランキング