ノンコノユメが引退発表

2022年07月25日(月) 16:51 4 8

中央地方合わせてダート重賞を6勝したノンコノユメ(セン10/大井小林・荒山勝徳厩舎)が、脚部不安発症ののち関係者間で協議を行った結果、競走馬を引退することが決定したと発表された。引退後は社台ファームに移動するとのこと。
ノンコノユメは2012年生まれの10歳セン馬。中央競馬所属時代には2015年のジャパンダートダービー(Jpn1)、2016年に去勢手術を受けたのちには2018年のフェブラリーステークス(G1)などを勝利した。2019年の大井競馬移籍後にはサンタアニタトロフィー(SIII)を勝利したほか、2021年の帝王賞(Jpn1)や今年の大井記念(SI)でも2着に入るなど、高齢になってからも多くの大レースで好走経験があった。前走の帝王賞(Jpn1)では6着であった。

みんなのコメント

現在のコメント数4

みんなの投稿ニュース

ランキング