netkeiba.com

みんなの投稿ニュース

ハルウララ元気です! 23歳誕生日

2019年02月27日(水) 12:28 0 4

27日が23歳の誕生日。人間なら70歳以上という高齢ながら、千葉県内の牧場で元気に静かに余生を送る。一大ブームから15年。日本中を熱狂させたアイドルホースの今に迫った。
 房総半島南東部に位置する千葉県御宿町。童謡「月の沙漠」の舞台とされ、夏は海水浴客でにぎわう御宿海岸に近い「マーサファーム」でハルウララは暮らしている。同ファームの宮原優子代表(36)が付けた愛称は「うーちゃん」。午前中は小さな馬場で放牧され、午後は昼寝という穏やかな日々だ。

 普段は馬房が隣同士の乗用馬(日本スポーツホース種)アミちゃんと行動を共にする。「放牧に出す時間が少しズレただけで泣いて呼ぶんです。早く来いって」と宮原さん。仲良しの2頭も大好物のニンジンを見ると態度が一変。うーちゃんに差し出したニンジンにアミちゃんが反応すると、後ろ脚を蹴り上げて追い払う。何ともほほ笑ましい光景だ。

 「負け組の星」として一大ブームとなったハルウララが表舞台から姿を消したのは04年9月。当時の馬主が突如、高知から栃木の牧場へ移送。グッズ収入などを巡る金銭トラブルにも巻き込まれた。結局、高知に戻ることなく06年10月に競走馬登録を抹消した。

 その後は千葉県内や北海道の牧場を転々とし、マーサファームに預託されたのは12年12月。馬主が所有権を放棄したため、宮原さんが14年に「春うららの会」を設立。趣旨に賛同した会員約60人の出資を飼育費に充てている。「気が小さいのに主張は強い。かみついたり威嚇したり。今でも手が掛かります」。宮原さんはそう笑うが、入厩当初に比べれば性格もかなり穏やかになったという。

 人気は今も健在。ブームから約15年が経過したが、今もファンがウララに会うため牧場を訪れる。「以前は当時を懐かしむ年配の方が多かったが最近は若い人も増えた」。競走馬を少女に擬人化した人気ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」に登場したことで再び若い世代にも注目されている。

 優勝劣敗の競馬の世界で、負け続けることで注目された希代のアイドルホース。「変な騒がれ方をされてしまった馬だけど今はいい余生だと思います。お父さん(ニッポーテイオー)も長寿(16年に33歳で死す)だったから、きっと長生きしてくれます」。宮原さんにニンジンをねだる「うーちゃん」の表情はどこまでも穏やかだった。

ネタ元:https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2019/02/27/kiji/20190226s00004049362000c.html

浜畑譲
投稿者
浜畑譲